ブログは日本語教師の歩く鏡である

「授業の質は上げる」「仕事の量は減らす」「両方」やらなくっちゃあならないってのが「教師」のつらいところだな 覚悟はいいか?オレはできてる

推測の「ようです」の練習に使える「音当てクイズ」

 こんばんは。日本語教師ブロガーのNicky(@jpt407)です。

 

 『みんなの日本語』だと第47課の「ようです」、教え方も、練習のやり方も、難しいですよね。特に、先に出てくる推量の「そうです」との違いが難しいです。

 

 ただ、「ようです」と「そうです」には、決定的な違いがあります。それは「そうです」が視覚に限られているのに対して、「ようです」は音や声、においなどにも使えることです。

 

 そこに着目して、あえて絵カードを使わず、音を使った「ようです」の練習を考えてみました。

 

 学習者に、「隣の部屋から音が聞こえます」と言って、生活音を聞かせます。または、「外から音が聞こえます」と言って、いろいろな音を聞かせます。

 そして、「隣の人は~~ようです」、または「雨が降っているようです」と答えさせるわけです。

 

 音には、インターネット上で公開されている、フリーの効果音を使いました。

soundeffect-lab.info

 

 たとえば、「シャワーの音」、「ドアをノックする音」、「雨の音」などが無料でダウンロードできます。

f:id:JPT407:20170920230757p:plain

 

 「シャワーの音」なら、「シャワーを浴びているようです」、「ドアをノックする音」なら、「誰か来たようです」など、いろいろ答えさせることができますね。授業でやったら、とても盛り上がりました。

 まあ、隣の部屋の音に聞き耳を立てているという設定は、あまりいい練習ではないと思うんですが(笑)、現実にも隣の部屋の音が聞こえてきて、「あー、~~しているのかなー」と思うことはありますよね。

 

 学生に聞かせるには、スマホが便利です。パソコンとスマホの両方にGoogleドライブや、DropBoxなどのクラウドストレージを入れておいて、パソコンのフォルダに音声ファイルをダウンロードすれば、簡単にスマホから再生できます。

 

 よかったら、試してみてください。では、また!