読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本語教師3.0

「授業の質は上げる」「仕事の量は減らす」「両方」やらなくっちゃあならないってのが「教師」のつらいところだな 覚悟はいいか?オレはできてる

多文化バーベキューに参加してきました

 こんばんは。日本語教師ブロガーのNicky(@JPT407)です。

 

 今日、滋賀県草津市で行われた、多文化バーベキューに一家で参加してきました。地元の日本語教室が主催しているものです。

f:id:JPT407:20170515001726j:plain

多文化共生支援センター

ようこそ オリーブホームページへ

 

 現場に行くと、いろいろな国から来た人や、日本語教室の支援者がたくさん集まっていました。子ども連れが多かったのが印象的でした。

f:id:JPT407:20170514235129j:plain

 

 まず、バーベキューの前に、ゴミ拾いをしてから、竹馬(?)を作って遊びました。

f:id:JPT407:20170514233742j:plain

 

 いろいろな国から来た人が、日本の伝統的な遊びをしているというのは、おもしろかったです。

f:id:JPT407:20170514234020j:plain

 

 地元のボランティアの方が、バーベキューを焼いてくださっていました。

f:id:JPT407:20170515001010j:plain

 

f:id:JPT407:20170515001024j:plain

 バーベキューに並ぶ列。

f:id:JPT407:20170514234331j:plain

 

 こんなふうに、バーベキューのセットとパン、飲み物がもらえます。素晴らしいのは、イスラム教の人など向けに、ハラールのチキンも用意されていたことです。

f:id:JPT407:20170514234457j:plain

 

 食べた後はゲームです。一人に3枚のひらがなカードが配られました。

f:id:JPT407:20170514234727j:plain

 主催者が問題を出して、それに合った答えを、他の人のカードと組み合わせて作ります。たとえば、「動物の名前」だったら、私は「た」を持っているので、「ぬ」と「き」を持っている人を探して、「たぬき」を作る、という感じです。

 必ず他人と協力しなければならないという点で、日本語学校でも初級のアイスブレイクにいいと思いました。

 

 家族いっしょに、楽しい時間が過ごせて、ボランティアの皆さんには感謝です。家族に外国人がいる者として、多文化共生のために努力している皆さんには頭が下がります。

 

 では、また!

 

 日本語学校も何かできたらいいですね。

jpt407.hateblo.jp