ブログは日本語教師の歩く鏡である

「授業の質は上げる」「仕事の量は減らす」「両方」やらなくっちゃあならないってのが「教師」のつらいところだな 覚悟はいいか?オレはできてる

『みんなの日本語』第23課課末問題に潜む危険性

 こんばんは。日本語教師ブロガーのNicky(@JPT407)です。しばらく更新をサボってしまい、すみませんでした。

 

 さて、今日『みんなの日本語』第23課を教えたのですが、課末問題に2つ問題を発見したので、報告します。

 

1.「お酒をたくさん飲むと、どうなりますか」

 まず、1番のこれ。

 CDの質問を聞いて、答えるという問題ですが、最後の問題は、「お酒をたくさん飲むと、どうなりますか」という問題になっています・・・。

 

留学生の多くは未成年じゃなかったんですか?

 

 まあ、法律は国によって違うし、「〜たことがあります」はもう教えているので、「一度も飲んだことがありません」という回避もできるのですが、未成年がたくさんいるとわかっていて、この質問を教科書に入れるのはどうかなあと思います。

 日本の高校生の英語の教科書に、「お酒をたくさん飲むと、どうなりますか」という問題が入っていたら、それこそ問題じゃないですか?

 

  さらに思い出しましたが、ムスリムに向かって、「お酒を飲みますか」は、侮辱じゃなかったでしたっけ?養成講座でも、「お酒を例文に使うのは気をつけなさい」と言われました。

 

まあ、これはまだ軽いほうの問題です。本当に問題なのは、二つ目

 

2.「あなたの国の有名な人について書いてください」

 一見しただけでは、何が問題なのかわからないと思いますが、私は今日教えていて、本当にヒヤッとしました。

 

 と言うのは、私のクラスの中国人学生で、「毛沢東」や、「ジャック・マー」のほかに、「ジェイ・チョウ(周杰倫)」や、「テレサ・テン(鄧麗君)」を挙げる学生がいたからです。

 

 クラス全員中国人だからよかったようなものの、もしクラスに台湾人がいたら、「周杰倫や鄧麗君は中国人じゃありません!台湾人です!」とキレて、学生どうしのトラブルに発展していてもおかしくありません。

 

鄧麗君 

 

 

 

 わかりやすくたとえるなら、日本人がアメリカの英語学校に留学しているとき、「あなたの国の有名な島を挙げてください」という質問が出て、中国人のクラスメートが「釣魚台(尖閣諸島の中国名)」、韓国人が「竹島」、ロシア人が「国後島」と答えたようなものです。どれだけヤバいか、わかるでしょう?

  

 中国人と台湾人が同じクラスにいる日本語学校はたくさんあると思います。それなのに、いちばん広く使われている教科書が、こんな無神経な質問を載せていることに驚きました。

  こんなにたくさんの学校で使っているのに、今まで苦情は来なかったんでしょうか?

 

 私はただの教師なので、政治的なことには関与しません。関与したくもないです。が、学生どうしはそうはいかないでしょう。この無神経な質問から、もともと良好だった中国人と台湾人のクラスメートの関係にヒビが入ってしまうかもしれません。

 私は個人的に、台湾人の知り合いも、中国人の知り合いもたくさんいます。そして、台湾人と中国人も仲良く付き合っています。彼らの多くはなるべく政治的なことには触れず、友情を大切にしようとしています。

 

 だからこそ、教科書がこんな無神経な質問を載せるのはやめてほしいです・・・。

  ここを教える先生は、気をつけてください。作文を書かせるとき、よくその前に全員に質問して、答えを板書しますが、これに関してだけはやらないほうがいいです。きのう「周杰倫」と板書しながら、他の日本語学校だったらヤバいな、と思っていました。

 

 では、また!