日本語教師3.0

「授業の質は上げる」「仕事の量は減らす」「両方」やらなくっちゃあならないってのが「教師」のつらいところだな 覚悟はいいか?オレはできてる

『みんなの日本語』の効果的な進め方とは?

 こんばんは。おひさしぶりです。日本語教師ブロガーのNicky(@jpt407)です。

 

 昨日の記事の続きです。

jpt407.hateblo.jp

 

 私もモウモウさん(@mounihongo)さんも、授業で『みんなの日本語』(以下『みん日』と略)を使っているので、みん日の進め方の話になりました。ちなみに、みんなの日本語』とは、日本語教育の初級では断トツで広く使われている教科書のことです。

みんなの日本語 初級I 第2版 本冊

みんなの日本語 初級I 第2版 本冊

  • 作者: スリーエーネットワーク
  • 出版社/メーカー: スリーエーネットワーク
  • 発売日: 2012/08/09
  • メディア: ペーパーバック
  • クリック: 2回
  • この商品を含むブログを見る
 
みんなの日本語 初級II 第2版 本冊

みんなの日本語 初級II 第2版 本冊

  • 作者: スリーエーネットワーク編著
  • 出版社/メーカー: スリーエーネットワーク
  • 発売日: 2013/03/27
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る
 

 

オンライン勉強会での話し合いから

 そこで気がついたのは、学校によって、進め方が違うんですね。モウモウさんが、「文型」、「例文」も使っていると聞いて、びっくりしました。

 私は、今までずっと「文型」、「例文」を飛ばしていました。それどころか、同じ学校では、練習Aすら使わない先生も多いくらいです。

 ただ、「文型」や「例文」も使わなければ、新出語彙にすべて触れられないとモウモウさんに言われて、なるほどと思いました。

 

 そもそも、私自身も、練習Aの使い方がよくわかっていません。「練習」という名前がついているのに、例文が書いてあるだけで、その前の「例文」との違いがよくわかりません。赤い文字のところを入れ替えて練習するという話をどこかで読んだ気がするのですが、私はただ読むだけにしています。

 

 もちろん、私自身の授業では、単に練習A、BとCをやるだけでは練習が全く不足するので、オリジナルの練習を入れています。そして、必ず文型一つにつき、クラス活動を一つ入れるようにしています。

 

 ただ、これがいいやり方なのかどうか、自信が持てません。

 

みん日の構成の謎

 さらに、ずっと思っていたんですが、みん日自体の構成も謎です。

 

 教科書のページは、「文型」→「例文」→「会話」→「練習A」→「練習B」→「練習C」→「問題」となっているのに、教科書自身が進める標準的な学習の流れは、以下のようになっています。

f:id:JPT407:20170612231826p:plain

 この通りにやるとすると、まず「文型」、「例文」、「会話」をすっ飛ばして練習をやって、それから前に戻ってきて、「文型」、「例文」、「会話」をやるということになります。

 実際、私もほぼ左の流れの通りにやっているのですが、じゃあなんで「文型」、「例文」、「会話」が練習の前にあるのか、疑問が残ります。「文型」、「例文」は課の見出しだから前にあるのはわかるとしても、「会話」は後ろに持って行ったほうが自然じゃないでしょうか?

 

 また、進め方の話に戻ります。細かい違いはあるとしても、私もモウモウさんも、おそらく大部分の先生も、基本的には上の標準的な流れに従って教えていると思います。文型ごとに「導入」→「練習」→「発話」という文型積み上げ式の流れです。

 

練習Cや会話から始めるやり方も?

 ところが、最近パラダイムシフトと言うか、全く逆の流れで教えるやり方を見ました

 「練習C」や、「会話」から始めるというやり方です。この本に載っていました。

日本語教師のためのCEFR

日本語教師のためのCEFR

 

 

 以前、Twitter上で、シラバスについていろいろ論争があって、それをまとめたことがあります。

togetter.com

 その時、タスクシラバス(「行動中心アプローチ」という言い方もされています)派の村上吉文先生(@Midogonpapa)が勧められていたのがこの本なので、私も読んでみました。

 

 かなり衝撃的でした。

f:id:JPT407:20170612234151j:plain

f:id:JPT407:20170612234154j:plain

 

 まあ、まさにコペルニクス的転回ですよね。もちろん、学校の方針というものがあるので、この方法を実際に試すわけにはいかないのですが、すごく興味はあります。

 

文型積み上げ式と行動中心アプローチは本当に二元対立なのか?

 ただ、後からよく考えてみれば、これを読むまでにやってきたことと、それほどかけ離れているわけではありませんでした。

 と言うのは、学校ではみん日を使いつつ、先輩教師から「この文型をどんな場面で使うのか考えなさい」とずっと言われ続けていたからです。まず場面を設定して、その課で勉強する文型を使いたいように仕向ける、というやり方ですね。

 さらに、みん日を使っている先生の中でも、Y.マダール先生(@saitamalily)や、カキアゲ先生(@kakiagex)は、「会話や練習Cから逆算して教案を書きなさい」と言われていたような気がします(間違っていたらすみません)。

 だから、みん日は教科書こそ文型積み上げ式と言われていますが、使っている教師は外から思われているほど文型積み上げ式でやっているわけではなく、むしろタスクシラバス(行動中心アプローチ)的なやり方を柔軟に取り入れてやっているのではないかと思います。ベテランになればなるほど余裕が出てきて、教科書に縛られず、いろいろなやり方を取り入れているのではないかと。想像ですけど。

 

 いろいろ考えると、いろんな学校の先生が集まって、「うちは(と言うか、私は)こういう風にみん日を使っています」という情報交換ができればおもしろいなと思います。

情報交換のイラスト

 まだモウモウさんにも話をしていないんですが、今度の勉強会は「私はこういう風にみん日を使っています」でやりたいなと思います。詳細を詰めたらまた改めて発表します。

 

 何かアイデアがあれば連絡ください。

 

 では、また!