読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本語教師3.0

「授業の質は上げる」「仕事の量は減らす」「両方」やらなくっちゃあならないってのが「教師」のつらいところだな 覚悟はいいか?オレはできてる

初めまして。モウモウです。

初めまして!モウモウ日本語ちゃんと申します。(以後、モウモウまたはモウとお呼びください。)

日本語教師3.0先生からのありがたいお誘いにて、発信の場をいただけることになりました。これからよろしくお願いします。

 私はこの4月から日本語学校の非常勤講師をすることになりました。新米ならではの視点を描ければなと思います。

ただ、ハック的なお役立ちの部分はまだないと思います(^_^;)

今日は、養成講座在籍中にやっておくといい事があるよ!ということを書きます。

 

養成講座在籍中、私はネットで様々情報を集めました。しかしデビューするかしないかのまさに今の状態について書いた腑に落ちる情報にはなかなか出会えませんでした。

今回は日本語学校勤務を考えている方向けに書こうと思います。

 

先生を使おう

…って言うと何ですが(^_^;)

養成講座の先生は、実に経験豊富な方々ばかりです。海外経験のある方、大学で教えている方、フリーランスの方、日本語学校をいくつか経験された方…この経験について聞いておかない手はないです。それによりビジョンが具体的になり、より日本語教師に対する考え方も視野も広がります。どんどん質問しましょう。なかなか先生と話す機会もないものですが、休憩時や時間終了後、雑談がてら話しかけてみてはいかがでしょう。

私個人としては、タイでずっと教えていらっしゃった先生の、保険加入についての話はためになりました。

 

先生の情報も頼れます

もちろん全部のケースがそうではありません。養成講座の所在地の日本語学校に勤務を考えているのであれば、先生が情報のネットワークを持っていることがあります。

学校の評判、教務の体制、学生の傾向、今後の動向まで詳しく知っている先生もいらっしゃいます。また、私の場合は日本語学校に現役で非常勤講師をされている方が実習の先生でしたので、先生の勤務先の様子も知ることができました。あらゆる方面から情報を取り入れることが肝要です。修了生とつながりのある先生もいらっしゃるかもしれません。

養成講座内で、LINEグループなどを作っておくのも一案です。使える教材やテキスト、採用情報の共有、意見交換も容易です。また飲み会などを通してのつながりも生まれやすいです。

(これは苦痛な人もいるので無理には勧めません。ただ情報源という視点では非常に有用です。)

 

ネットをフル活用

是非のご意見はあるようですが、SNSの日本語関係コミュニティには入っておいた方がいいです。とくに、日本語学習者と直接やりとりのできるコミュニティは有益です。

f:id:moumounihongo:20170408210116j:plain

なぜならそれは生の意見、学習者ならではの視点で、私たちには思いもつかないものである場合が多いからです。そして定番の質問や、母語の干渉程度がよくわかります。

よりわかりやすい言葉に変換して伝えるという技にも慣れます。時には絵を描いて伝えることもします。

f:id:moumounihongo:20170408210024j:plain

要するに実習や日本語学校で初めて学習者に対峙する前に、心の準備ができるのです。あるのとないのでは、やはりあった方が良いでしょう。デメリットとしては、真面目な学習者ばかり相手することになるので、例えば教室で座っていられない学習者など教室内の暴れん坊に対する免疫はつかないことです。ただそれについてもコミュニティの先生方に相談できたりするので、どっちみち私は有益だと考えています。

 

掲示物はマメにチェックを

逆に言えば、定期的に講座に通う在籍中しかマメにチェックができないのです。修了してしまえばあとは自助努力です。自治体独自で日本語教師を募集する場合もありますし、近隣の日本語学校でのイベント開催のお知らせなど、ローカルな情報が養成講座には満載です。もちろん求人情報も入ります。チェックしない手はありません。今は養成講座を修了見込みでも採用する学校もありますから、下調べは早いに越したことはないですね。

東京や大阪で開催されるセミナーの告知も頻繁にあります。

就活は実習期間に入ると同時に始める、が目安とのことです。

 

次回は、養成講座のハテナ?です。

ではまた次回!