読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本語教師3.0

「授業の質は上げる」「仕事の量は減らす」「両方」やらなくっちゃあならないってのが「教師」のつらいところだな 覚悟はいいか?オレはできてる

私は日本語教育版クックパッド(教案投稿サイト)が作りたい

 今日、うれしい知らせを聞きました。

 

 ある養成講座受講中のTwitterフォロワーさんによると、養成講座の同期が、実習で可能動詞ビンゴをやったそうです。

jpt407.hateblo.jp

  なんか、本当にうれしいです。最近毎日頑張ってブログを更新していますが、見る人は増えないし、感想もつかないし、何のために書いているのかわからなくなって、やめたいなと思っていたからです。

 見てくれている人がいるなら、もうちょっと続けようと思います。

 

 ただ、必ずしも、私だけがアイデアを発表する必要はない、というより、誰もが自由にアイデアを発表できたほうがいいんですよね。

 

 本当は、日本語教育版クックパッドを作りたいです。クックパッドとは、日本最大のレシピサイトです。誰もが自分で考えたレシピを発表し、そこで感想をもらうことができます。

 

f:id:JPT407:20170323233321p:plain

 

cookpad.com

 

 日本語教育にも、そういう教案投稿サイトがあってもいいと思います。教案って、レシピに似ていると思うんですよ。「私が考えた『可能』の教え方」とか、自由に発表できて、交流できたらいいじゃないですか?

 

 というのも、教え方に正解はないからです。養成講座では、どうしても日本国内の日本語学校向けに、文型積み上げ式の直接法のやり方を教えていますが、日本語を教えるシチュエーションはほかにもいっぱいあります。

 文型積み上げ式とタスク式も違うし、直接法と間接法も違うし、地域の日本語教室で、留学生じゃない人に教えるのも違います。大人相手と子ども相手に教えるのも全然違うでしょう。

 でも、そういういろいろな教え方を紹介しているサイトって、なかなかないんですよね。

 

f:id:JPT407:20170323233742p:plain

 こんな感じで、「初級 ~てください ~たことがあります」とか並んでいて、検索できたら、すごく便利ですよね。もちろんタスク式で「勧誘 断り」のような別の目次も作ったほうがいいと思います。

 

f:id:JPT407:20170323233923p:plain

 人気の検索キーワード「て形」とかね。

 

 いちばん欲しいのは「つくれぽ」機能です。

f:id:JPT407:20170323234020p:plain

 「つくれぽ」というのは、投稿されたレシピに対して、「作ってみました」というレポートです。日本語教育なら、投稿された教案を使ってみましたというレポートです。

 

 今、私がいちばん欲しいのも、このようなフィードバックです。いろいろアイデアを書いていますが、何も返ってこないので、井戸に向かって、「王様の耳はロバの耳」と叫んでいるのとあまり変わりません。

 

教案投稿サイトが成功すると思う理由(2017/03/24追加)

 余談になりますが、日本語教育って、「ベテランが授業を公開しない」ことで有名です。一般の日本語教師が授業の見学を嫌がるのはしょうがないとしても、日本語教師を育てる養成講座ですら、講師の授業は見せてくれません。私が行っていた養成講座だけかと思っていたら、他のところもそうらしいです。びっくりしました。

 

 この問題は、何度もTwitterなどで議論されています。原因は、ベテランがケチだとか、技術を盗まれるのが怖いからだとかいろいろ言われていますが、最大の理由は別にあると私は思っています。

 

 それは、「ダメ出しされるのが怖いから」です。面と向かって言われるのも嫌だし、陰で、「○○さん、あんな授業してたよ」と言われるのはもっと嫌です。私も養成講座や職場の研修で、さんざん辛い思いをして、できればあんな辛い思い出は二度としたくありません。たとえ、自分の技術向上につながるとしても。

 

 だから今、技術向上のために、勉強会や、今年も始まる職場の研修(参加できればですが)で模擬授業をして、コメントをもらわなければならないと思いつつ、とても憂鬱です。

 

 ただ、匿名で自分のアイデアを発表して、そのアイデアを他の人にも使ってほしい、という人ならたくさんいると思います。クックパッドのユーザーのように。

 つくれぽなんて、わざわざ批判のコメントなんて書きませんから、「作ってみました。おいしかったです。ありがとうございました。」というコメントばっかりです。そういう暖かい場なら、喜んでアイデアを発表する人はたくさんいるんじゃないでしょうか? 想像ですが。

 

 例外中の例外として、いつでもだれでも見学大歓迎、という日本語教師もいらっしゃいます。

 

犬山日語教室(台中 Taichung, Taiwan) - 樂多日誌

 

 私も授業見学はしませんでしたが、何回か勉強会に参加させていただきました。今でも、授業見学をした人の感想からアイデアをもらっています。

 

 


 

 本当に、こういうサイトはこれからますます必要になると思います。というのは、日本語学校以外で日本語を学ぶ人がどんどん増えているからです。

news.yahoo.co.jp

 

 最近もこんなニュースがありましたが、じゃあボランティアやるために50万払って養成講座へ行きましょうかという人は、なかなかいないと思うんですね。それに、上にも書きましたが、養成講座の教え方は日本語学校で留学生を教える教え方なので、こういう日本語教室ではあまり役に立ちません。

 

 やはりそれはそれで、意見を交流するプラットフォームが必要なのではないかと。もちろん、教案投稿サイトはプロが日本語学校の教え方を投稿してもいいし、地域の日本語教室の教え方を投稿してもいいし、海外の学校が間接法の教え方を投稿するのも、全部アリだと思います。

 

 私は技術がないので、そんなものは作れませんが、誰かやってみませんか?本家クックパッドのように広告をつけたり、有料版会員を作ったりすれば、マネタイズも十分可能だと思います。

 

 では、また。

 

実現は意外にたやすい?(2017/03/24追加)

 今日、TwitterやFacebookで何人か反応してくれた人がいらっしゃって、実はスクリプトがもうあるらしいです。誰か挑戦しませんか?

 

 この記事の反応でもわかるように、興味がある人は確実にたくさんいます。誰かやってみませんか?私はさすがにプログラムは無理ですが、要件定義までなら手伝います。元SEなので。

 

 本当に実現に向けて、動き出しました。

 

jpt407.hateblo.jp

 

このようなサイトを作ろうと思ったきっかけについて記事を書きました。

 

jpt407.hateblo.jp