読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本語教師3.0

「授業の質は上げる」「仕事の量は減らす」「両方」やらなくっちゃあならないってのが「教師」のつらいところだな 覚悟はいいか?オレはできてる

「めちゃイケ」直伝!楽しく数詞を覚えられるゲーム

クラス活動 初級 みんなの日本語

 昨日のクラス活動の記事が、それなりに反応がよかったので、今日ももう一つ紹介してみます。

 

 突然ですが、ビデオをご覧ください。

 

 知ってる人は知っている、懐かしい「めちゃイケ」の「数取団」です。これを、初級の日本語の数詞の授業にも使えないかと思いつきました。数詞というのは、「一個」、「一本」のような、数量、順序を表わす言葉です。

 外国人にとって、何にどんな数詞を使うのかはもちろん、音変化も難問です。「いっぽん」、「さんん」、「ろっぽん」などなど。

 しかも、ドリルでやるとすごくつまらないんですよね。そこで、ゲームで遊ぶことにしました。

 ルールを説明します。

 「単位上等!数取団」のルール

1.数詞の復習

 まず、黒板かホワイトボードに、今まで勉強した数詞を板書して、どんなものが「個」で、どんなものが「本」なのかなどを復習します。

 本当は、ここで数取団のビデオを見せられればいちばんいいんですが、私の学校では使えませんでした。

 

2.スタート

 先生が「ブンブンブブブン」と大きい声で言って、ゲームを始めます。

 

3.名詞を言う

 まず最初に、先生が何でもいいので名詞を言って、2回手をたたきます。たとえば「ビール!パンパン」。

 

4.次の人が、数詞を言う

 この場合、名詞が「ビール」なので、次の人は「いっぱい」か「いっぽん」と言います。

f:id:JPT407:20170322214637p:plain

 

5.次の名詞を言う

 さっき「いっぽん」と言った人が、今度は別の名詞を出題します。たとえば、「本」。言ったら2回手をたたきます。「本!パンパン」

 

6.次の次の人が、名詞に+1して数詞を言う

 ここがポイント。必ず数詞は「1→2→3」とカウントアップします。

f:id:JPT407:20170322214641p:plain

 

 7.間違った人は罰ゲーム

 なぜか本家数取団では、負けたら関取と相撲をするという謎のルールでしたが、罰ゲームは何でもいいと思います。今だったら、「PPAPを踊らせる」とかおもしろいと思います。

f:id:JPT407:20170322221251p:plain

 

 具体的に書くと、

 

教師 「ブンブンブブブン! ビール!」パンパン(拍手)

     

学生1 「いっぱい!」パンパン 「本!」パンパン

 

学生2 「にさつ!」パンパン 「車!」パンパン

 

学生3 「さんだい!」パンパン 「えんぴつ!」

 

(以下省略)

 

 だいたいこんな感じです。わからなかったらビデオを見てください。

 

 最初はルールを理解するために、クラス全員でやったほうがいいと思いますが、20人クラスだとなかなか回ってこなくて飽きると思うので、慣れたら3グループくらいに分けたほうがいいと思います。

 

 いちおう初級向けゲームですが、中級以上でも遊べると思います。というより、日本人でさえ楽しめるのに、中級でできないわけがないでしょう。日本語のレベルが上がれば、当然問題のレベルも上がると思います。

 

 ぜひ感想をください。

 では、また。