日本語教師3.0

「授業の質は上げる」「仕事の量は減らす」「両方」やらなくっちゃあならないってのが「教師」のつらいところだな 覚悟はいいか?オレはできてる

日本語教師のブログなのに、Excelとかの記事ばっかりでつまらないなあ、と思っているあなたへ

 今日は、春休みになって初めての平日でした。学生は休みでも、先生は休みじゃありません。もちろん授業はありませんが、仕事は山積みです。

 

 今日も一日中、テストを採点したり、出席率計算をしたり、成績評価をしたりしていました。

 

 だから、日本語教師と言っても、常勤になれば日本語だけ教えていればいいわけではありません。「将を射んとする者はまず馬を射よ」と言いますが、「日本語を教えんと欲すれば、まず雑用を片付けよ」であるわけです。

 

 そうなると、いかに速く雑用を片付けられるかが重要になってきます。手作業なら数十分かかる仕事が、Excelをうまく使ってやるだけで、数分で終わったりしてしまうわけです。ですから、今は単に仕事を片付けるだけでなく、「どうすればもっと効率的に仕事ができるか」を追求しながらやっています。

 そして、そのテクニックは、私と同じような立場の日本語教師、さらには一般の学校の先生にも役に立つと思っています。

 

 ただ、こういうテクニックが、おそらく日本語教師、あるいは日本語を教えたいと思っている人の90%以上には無関係であろうことも重々承知しています。

 たぶん、日本語教育に興味を持ってこのブログを覗いてみて、失望した方もたくさんいらっしゃると思います。

 また、私自身の興味も、クラウド、タスク管理、情報収集など、日本語教師とはあまり関係ないIT分野にも広がっています。元SEなので。しかし、それらの話題をこのブログで書くのも、なんだかなあ、と思います。

 

 そこで考えました。

 

jpt407.hateblo.jp

 

jpt407.hateblo.jp

 

  こういう記事、いわゆる「仕事効率化」の記事は、別のブログを立ち上げて、そちらにまとめてしまったほうがいいでしょうか

 せっかくなので、Googleフォームのテストを兼ねて、オンラインでアンケートをとってみたいと思います。

 ご協力、よろしくお願いします。

 

f:id:JPT407:20170321211316j:plain

 

 

 では、また。