ブログは日本語教師の歩く鏡である

「授業の質は上げる」「仕事の量は減らす」「両方」やらなくっちゃあならないってのが「教師」のつらいところだな 覚悟はいいか?オレはできてる

学生をランダムに指名するための便利なツール

 学生を指名するとき、どうしていますか?

 

 いちばんまずいのは、何も考えずに、順番に指名していくことです。そうすると、学生は間違いなく「次当たらないからいいや」とサボり始めます

 学生に「いつ指名されるかわからない」という緊張感を持たせるため、ランダムに指名する必要があります。しかし、何もツールを使わずに、20名をランダムに、しかも公平に指名することは不可能です。

 

 私は、今の学校で働き始める前、授業見学させていただいて、先輩教師が名前カードを使われていたのを見て、これはいいと思って、自分の授業に取り入れることにしました。

 ただ、紙を使った名前カードは、どうしてもボロボロになりやすいです。

 

 そこで私は考えました!名前カードをラミネートすればいいんです

f:id:JPT407:20170318223522j:plain

 私が今期実際に使っていたカードです。授業が終わったので、やっと家に持って帰ってきて、この記事が書けるようになりました。

 

名前カードの作り方

1.Excelで、学生の名前と、その読み仮名を表にします

f:id:JPT407:20170318224804j:plain

このとき、Excelのセルの大きさを、現実世界でのカードの大きさに調整しないといけません。それにはちょっとしたコツがあるのですが、長くなるので、いつか別の記事に書きます。

2.カードの原紙を印刷します

 もちろん、印刷したら切ります。裁断機があれば便利です。

3.カードをラミネートします

 大きさは何でもいいんですが、診察券サイズとか、一般カードサイズとか、いろいろあるので、好きなものを選んでください。

4.カードを袋に入れて、さらに教卓の引き出しに入れておきます。

f:id:JPT407:20170318223534j:plain

 この、100円ショップのチャック付き袋がベストだと思います。安いし、便利です。

 

 自分で言うのもなんですが、この名前カード、本当に便利です。ラミネートしてあって丈夫なので、絶対にボロボロにならないし、汚れにも強いです。使うときは1枚1枚裏返して重ねます。一周したら、トランプみたいにシャッフルできますラミネートしてあるからこそできる技です。普通の紙では、ペラペラでシャッフルできません。

 もし、学期の途中でカードがなくなっても、また印刷してラミネートしたらすぐに使えます。

 

 新しいクラスになっても、Excelシートをコピーして、学生の名前だけ変えれば、すぐにカードが作れます。

 

 参考にしてください。

 では、また。

 

 私はこの機種を使っていますが、Amazonだと4000円を切っています。個人でもそんなに大きな負担ではないと思います。

 なにより、私はラミネートを多用します。また記事を書くと思いますが、これがあると、本当に便利です。名前カードの応用として、自作のカルタなども作れます。

 

アイリスオーヤマ ラミネートフィルム 100μm 名刺 サイズ 100枚入 LZ-NC100

アイリスオーヤマ ラミネートフィルム 100μm 名刺 サイズ 100枚入 LZ-NC100