ブログは日本語教師の歩く鏡である

「授業の質は上げる」「仕事の量は減らす」「両方」やらなくっちゃあならないってのが「教師」のつらいところだな 覚悟はいいか?オレはできてる

日本語学校の卒業式

f:id:JPT407:20170314215820j:plain

 今日は、私が勤めている日本語学校で、卒業式が行われました。私の担当クラスは卒業クラスではないので、卒業する学生はほとんど知らない学生でしたが、それでも胸が熱くなりました。

 

 私は海外で長いこと日本語教師をやってきましたが、その日本語学校は学校というより英会話教室みたいなところだったので、もちろん卒業はありませんでした。今の学校で働き始めたのも、去年の4月なので、卒業式はこれが初めてです。

 

 今まで初級を教えてきて、初級こそ日本語教師のおもしろいところだと思ってきましたが、卒業クラスの先生がアルバムを受け取っているのなんかを見たりすると、上級もいいなと思ってしまいました。

 

 実は、私が持っている中級クラスからも、2年待たずに卒業した学生が1人います。また、以前に私が受け持って、今回卒業する学生もあいさつに来てくれました。

 私のクラスからほとんど卒業生が出なかったのに、担任が他の先生に変わった以前の学生からは卒業生が結構出たので、ちょっと複雑な気持ちです。私は、自分のクラスの学生の力を伸ばしてやれなかったのかもしれません。

 来期こそ、生徒をバンバン合格させたいですね。

 

 では、また。