読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本語教師3.0

「授業の質は上げる」「仕事の量は減らす」「両方」やらなくっちゃあならないってのが「教師」のつらいところだな 覚悟はいいか?オレはできてる

Excelにクラス全員の名前を一瞬で入力してしまう裏技

教師をしていれば、クラスの生徒の表を作らなければならないことは数えきれないくらいあると思います。

たとえば、テストの成績表とか、いろいろな申し込みの管理とか。

 

例えばこんな感じ。

 

f:id:JPT407:20170303235608p:plain

 

でも、学生の名前をいちいち打ち込むのって、とても面倒ですよね?

私の場合、名簿の原本を開いて、それをコピー&ペーストするようにしていますが、それでも手間は馬鹿になりません。

 

でも、今日いい方法を知りました。

 

この裏技を使えば、名簿の原本すら開く必要なく、全く新しいExcelファイルに、一瞬でクラス全員の名前が入力できてしまいます。

 

 

Excelにクラス全員の名前を一瞬で入力してしまう裏技

下準備 

1.まず全員の名前を入力する

 クラス名簿ですが、わかりやすくするために、都道府県を例にしてみましょう。

f:id:JPT407:20170303231115p:plain

 

 2.全員の名前を選択する

マウスを押しっぱなしにしながらドラッグして、全員の名前を選択します。 

f:id:JPT407:20170303231318p:plain

3.Exelの左上の「ファイル」をクリックする

f:id:JPT407:20170303232053p:plain

 

4.「ファイル」の「オプション」をクリックする

f:id:JPT407:20170303232512p:plain

 

5.「オプション」の「詳細設定」をクリックして、下へスクロール

f:id:JPT407:20170303232744p:plain

 

6.「ユーザー設定リストの編集」をクリック

f:id:JPT407:20170303232924p:plain

 

7.「インポート」ボタンをクリック

f:id:JPT407:20170303233157p:plain

すると、選択していた範囲がリストとしてExcelにインポートされます。

これで、準備は完了です。

OKボタンを押して、ユーザー設定リストを終了します。

 

 実際の名前の入力

 1.新しいExcelブックを開いて、一人目の名前を入力する

f:id:JPT407:20170303233727p:plain

いったんEnterを押して、入力を確定した後、もう一度マウスでそのセルを選択します。

2.カーソルをセルの右下隅に合わせる

f:id:JPT407:20170303234927p:plain

f:id:JPT407:20170303234930p:plain

そうすると、カーソルの形状が変わります

 

3.マウスをクリックしたまま、下へドラッグする

ずっとドラッグして、マウスを放してやると、自動的にリストの内容が挿入されています。

f:id:JPT407:20170303235207p:plain

f:id:JPT407:20170303235209p:plain

 

この裏技を使えば、クラス全員の名前が一瞬で入力できてしまいます。

 

笑っちゃうくらい簡単です。

 

ぜひ活用してください。

 

もし、役に立ったと思ったら、ぜひTwitterFacebookでお友達にも勧めてあげてください。

よろしくお願いします。