ブログは日本語教師の歩く鏡である

「授業の質は上げる」「仕事の量は減らす」「両方」やらなくっちゃあならないってのが「教師」のつらいところだな 覚悟はいいか?オレはできてる

多文化共生

日本語教師ボランティアは、収入を得るべきか

ボランティアの日本語教室に通う学生から授業料は取れないですが、ボランティアに対しての報酬はあったほうがいいです。少なくとも、ボランティアの「持ち出し」になるようなことはあってはいけません。ではどうするかという問題に対する、私なりの回答です。

日本で子供を育てている外国人の保護者のための情報まとめ

日本語がある程度分かる外国人にとっても、保育園や学校は特殊な習慣や用語があるので、日本語が分かりにくいです。 役立つ情報を軽くまとめてみました。

日本語学校も、留学生を先生にして外国語教室を開いてみたらどう?

こんばんは。日本語教師ブロガーのNicky(@JPT407)です 今日、たまたま以下のツイートが好評だったので、ちょっと補足してみようと思います。 日本語学校でも、留学生が逆に講師になる外国語教室を開いたらどうかなと思います。もちろん営利目的ではなく、国…