読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本語教師3.0

「授業の質は上げる」「仕事の量は減らす」「両方」やらなくっちゃあならないってのが「教師」のつらいところだな 覚悟はいいか?オレはできてる

日本語教育版クックパッド(教案投稿サイト)が実現に向けて動き出しました

  以前、こんな記事を投稿しました。

jpt407.hateblo.jp

 

 今までも、教案サイトというのはいくつもありました。しかし、その多くは個人が運営しているものです。しかし、個人の努力に頼っていると、もしその人があきらめてしまえば、更新は止まってしまいます。そういうサイトはたくさんあります。

 また、個人が作っていると、どうしても偏ってしまいます。日本語の教え方もいろいろあります。国内の直接法と、海外の間接法はまず違います。同じ国内でも、日本語学校と地域の日本語教室では全然違います。同じ日本語学校でも、クラスの人数によって全然違います。漢字圏か、漢字圏でないかによっても違います。もちろん、初級から上級まで、レベルの差は言わずもがなです。これら全ての違いに対応した教案を、すべて一人で書くのは不可能です。世界中のいろいろな立場の日本語教師、プロもアマも、ベテランも初心者も、インターネットさえあれば誰でも投稿できて、誰でも見られる教案投稿サイトがあったら便利だと思いませんか?

 

 もちろん、今までも教案投稿サイトはありました。しかし、不便すぎます。まず、登録に煩雑な手続きが必要だったり、スピードが遅かったり、エラーが頻発したりして、非常に使いにくいものでした。また、欲しい教案を検索するのも大変でした。クックパッドのようなストレスなく使えるシステムが欲しいです。

 

 そして、昨日ある人から連絡が来て、日本語教育版クックパッドを作りたいので、要件定義してほしいと言われました。

 

 しかし、私もSEをやめて10数年経つので、要件定義書の書き方も忘れています。それに、これは私だけが使うシステムではなく、多くの日本語教師が使うものです。だったら、ユーザーに要件をヒアリングしなければなりません。

 

 そこで、今日は、日本語教育版クックパッド(教案投稿サイト)にあればいいと思うものをアンケートしたいと思います

 

 とりあえず、イメージが湧くように、本物のクックパッドのスクリーンショットを貼っておきます。私はこれの日本語教育版が作りたいんです。

 まず、①料理名はもちろん教案の名前です。ここは、「『~て、~』の教え方」など、文型ごとに分けるとわかりやすいと思います。

 ②材料は教具です。キュウリやマヨネーズの代わりに、「絵カード」、「文字カード」などを書きます。

 ③レシピはもちろん教案そのものです。「絵カードを見せる」、「学生に質問する」など、具体的な手順を書きます。

f:id:JPT407:20170510230643p:plain

 

 私が個人的にあってほしいなと思う機能などは以下の通りです。

 

教案登録の際にほしい項目 

カテゴリー

 今までの日本語学校中心の考え方からいえば「レベル×分野」、たとえば「初級聴解」、「中級語彙」という分類法になると思うのですが、これは行動中心アプローチからみれば古いかもしれません。ほかに分類法を考えなければならないかもしれません。

 そのほか、ゲームや活動は別のカテゴリーにしたほうがいいかもしれません。先生が教えるという形だけではなく、アプリやSNSを使った独習の方法も登録できると便利ですね。

文型名

 「~と~」、「~つもりです」などなど。『みんなの日本語』や、「まるごと」などの教え方ではなく、とにかく「~たら」の教え方を探したい、というときに役に立ちます。

場面

 文型で分類するのは文型積み上げ式の考え方です。「依頼する」、「断る」などの場面によって、関連する教案がすべて検索できれば便利です。

教授法

 文型積み上げ式と、行動中心アプローチ、直接法と間接法など、いろいろ分けたほうが便利だと思います。

教材名と課の数

 たとえば、「みんなの日本語第15課」というタグがあって、それをクリックすると、いろいろな人の15課の教案の一覧が見られたら、すごく便利だと思います。

現場

 日本語学校なのか、地域の日本語教室なのか、一言で日本語学校と言っても、進学コースなのか、遊学コースなのか、ということです。それによって、教え方は全然変わります。

生徒数

 大人数クラスと1対1では全然違いますよね。

ツール

 たとえば、タブレットを使った教え方だったら、それだけ「タブレット」のタグをつけておけば、タブレットを使った教え方だけ検索できて便利ですよね。「パワーポイント」なども同じです。

続きを読む

失敗の原因は「うっかり」、「そのほうがいいと思った」、「力不足」の3種類しかない

 こんばんは。日本語教師ブロガーのNicky(@JPT407)です。

 

 なぜか、こないだのフィードバックの記事に人気が集まっていて、昨日なんか500人近く来ていたので、続編を書いてみます。

 (なんか今見たら、Facebookの「いいね!」が163もついていました!どういうことですか?) 

jpt407.hateblo.jp

  私がいつも思っていることです。私はいつも失敗が多くて、怒られることも多いのですが、納得できないことがあります。いつも、「どうして」、「どうして」と責められることです。

 「どうして」と言われても、うまい答えはありません。しいて答えるなら、「うっかりしていた」「そのほうがいいと思った」「頑張ったけれど、力不足でできなかった」の三種類しかありません。

 

f:id:JPT407:20170509233636j:plain

 

続きを読む

なんと鳥獣戯画が先生用のスタンプに!これは欲しい

 こんばんは。日本語教師ブロガーのNicky(@JPT407)です。

 

 今日、おもしろいニュースを見つけました。なんと、あの「鳥獣戯画」がスタンプになったそうです!しかも、これは先生用じゃないですか!

 

mainichi.jp

鳥獣戯画に登場するカエルやウサギのイラストと、「がんばれ」「おっけー」などのメッセージを組み合わせた。主に学校や塾の教員、保護者の評価印としての使用を想定している

 

  これはいいですね!ぜひ使いたいです。600円はちょっと高いですが・・・。

www.stamp-en.com

  こちらで買えるそうです。

 

 ただ、問題は外国人である留学生に、「鳥獣戯画」がどこまで受け入れられるか、ということでしょうね。日本人ならおもしろいと思うんでしょうが、ただのウサギとかカエルのスタンプだと思われてしまうかもしれません。

f:id:JPT407:20170509223847j:plain f:id:JPT407:20170509223857j:plain

 あと、特に初級の学生だと、ひらがなで「おっけー」、「もういちど」と書いてあるのが理解できないかもしれません。

 今、私はスヌーピーのスタンプを使っていますが、生徒が全員中国人なので「合格」、「再提出」はもちろんわかるとして、「もう一度」が何のことかわからないと言われたことがあります。

 そこだけ心配ですけど、これはちょっとほしいです。

 

 では、また!

学生は話したい、話したい、話したい。

ご無沙汰しています、モウモウです!

 

連休中はだいぶのびのびさせてもらいました( •ω•ฅ)

川に行ってボートに乗ったり買い物に行ったり。教案のことはあんまり考えませんでしたが、これ使えるかも?というネタ探しの目は常に光らせておりました!

 

連休明けの授業は…

連休中はもう1つの仕事をしていたせいもあり、私自身はサザエさん症候群にかかることもなく臨めました。しかし学生はどうだろう?

という心配をよそに、学生は皆元気いっぱい!

あります/います の導入で大いに盛り上がりました。

f:id:moumounihongo:20170509114841j:image

「あなたの部屋に何がありますか。」

この問いに、言いたい言いたい学生の多いこと!

いやむしろ「ないない披露」的な盛り上がりでした。

何もありません。(ニヤニヤ)本当⁈(ニヤニヤ)

彼はちょっとエキセントリックボーイなので周りの反応を楽しんでいるようでした(^^;)

連休の過ごし方を自ら積極的に話しに出たり、学生はやっぱり話したいんだと感じました。

アウトプットという意味ではもちろん、自分を発現したいというピュアな欲求を感じます。

楽しかった学生は楽しかった経験を、何もしなくてつまらなかった学生はつまらない思いを、それぞれ伝えたい。学校とアパート、寮の間にまだ何もないのかもしれません。

近々、大規模な市内のイベントがあることもあり、お金がなくても楽しめるイベント、外に連れ出すアナウンスをするのもまた教師の一役割なのかもしれません。

カラオケをして、ボウリングをして遊んだという学生は本当に楽しそうでした。

よく勉強している学生はこちらの予想以上に語彙が豊富でびっくりします。たぶん初級の基礎的な勉強は物足りないでしょう。

しかし進級テストに合格しないと上のクラスには行けません。確実に合格してほしいので、昨日はみっちり復習に重点を置きました。

 

今日はまとめテストがあります。

ちょっと心配( ´・ω・`)

 

木曜日は久しぶりのAクラス!

学生に会うのが楽しみです。

モウモウでした、ではまた!

 

ゴールデンウィーク明けの授業

 こんばんは。日本語教師ブロガーのNicky(@JPT407)です。もう1本書きます。

 

 今日は、ゴールデンウィーク後初の授業でした。やはり、連休の後の学校は気が重いです。いや、学校は全然嫌じゃないんですが、通勤が嫌いです。特に朝のラッシュアワーが嫌いです。

 

 長い休みで、帰国したまま休みを延長する学生もいるらしいのですが、うちは誰もそんな人はいませんでした。病欠は一人いましたが。

 

 授業の最初、「ゴールデンウィーク、どこか行きましたか?」と聞いても、みんなニヤニヤ笑っているだけで、ほとんど答えてくれませんでした。でも、「USJとか、水族館とか、いろいろ行きましたね」と言ったら、笑っていました。

 ほとんどの学生とはWeChat(中国版LINE)でつながっているので、だいたいの動向は把握済みです(笑)。

 学生とプライベートでつながることには賛否両論あるんでしょうが、学生の趣味や行動を知っておくということは、学生に興味を持ってもらう授業をするために重要だと思うので、私はつながるようにしています。

 

 私自身はWeChatにはほとんど書かないんですが、昨日この写真をWeChatに載せたら、10人以上ハートマークがつきました。

続きを読む

「○○は英語で何て言うの?」なんて勉強法で、語学がうまくなるの?

 おはようございます。日本語教師ブロガーのNicky(@JPT407)です。

 

 本来、日本語教育以外のことは専門外なんですが、ずっと気になっていることがあるので書きます。

 

「○○は英語で何て言うの?」という勉強法は正しい?

 本屋へ行くと、よく「○○は英語で何て言うの?」というような本を売っているんですが、そういう勉強法は役に立つんでしょうか?私はかなり疑問に思っています。

 「そもそも英語にはそんな言い方はない」「訳せたとしても、意味不明な英語になる」ということはないんでしょうか?

 

言語と文化は切り離せない

 私は昔、中国語を勉強していました。中国語の会話集には、「はじめまして」を”初次見面”と言う、と書いてありました。しかし、実際に使ってみたら微妙な反応でした。

 後で知った話ですが、中国人や台湾人は、初対面でも”你好”を使うそうです。日本語の「はじめまして」に当たる、最初に会ったときだけの特別な挨拶はないんですね。

 

 逆に、日本語を勉強している台湾人の日本語に、違和感を覚えたこともよくあります。例えば、「ご飯を食べましたか」という表現。ふだん会ったときも、「ご飯を食べましたか」と聞いてきます。どうして台湾人はみんな、人がご飯を食べたのかどうか気にするのか、ずっと不思議でした。

 後で知ったんですが、中国語の”吃飽了沒?”(ご飯を食べましたか)は、「こんにちは」と同じような使い方をするそうです。

 

 ”初次見面”も「ご飯を食べましたか」も、文法的には完全に正しいです。

 しかし、ネイティブが聞いたら、「?」となります。

続きを読む

日本語教師は外国語もできたほうがいいの?

f:id:JPT407:20170506201149j:plain

 こんばんは。日本語教師ブロガーのNicky(@JPT407)です。写真は本人ではありません。

 

 今日、Twitterであひる先生(@ahiru5963)の、「日本語教師も外国語を勉強したほうがいい」というツイートに対し、多くの人が反応していたので、私も自分の考えを書いてみようと思います。

 

  • Twitter上のみんなの意見
    • 賛成意見
    • 反対意見
  • 私のバックグラウンド
  •  私の意見
    • 1.外国語を習得していない日本語教師には、説得力がないのか?
    • 2.教師が外国語を学習することで、学習者の気持ちが理解できるようになるのか?
    • 3.外国語を勉強しても、日本語指導の質には関係ないのか?
  • 結論
    • 1.やるに越したことはない
    • 2.能力より態度
    • 3.外国語ができない人でも、日本語教師になっていい

 

Twitter上のみんなの意見

賛成意見

1.自分が外国語を習得していない日本語教師には、説得力がない

2.学習者の気持ちがわかるようになる

反対意見

1.外国語を学習したからといって、日本語の授業の質の向上とは関係ない

続きを読む

「いっせーのせ」を日本語教育に応用したクラス活動

 こんにちは。日本語教師ブロガーのNicky(@JPT407)です。ゴールデンウィークだというのに、家でブログを書いています。

 

 さて、「親指が何本上がるか予想するゲーム」をご存知ですか。


指スマ

rocketnews24.com

 さっき調べたところ、地方によりいろいろ呼び名があるようですが、私の地方では「いっせーのせ」と言っていたので、とりあえずこの記事の中では「いっせーのせ」と呼ぶことにします。

 授業のクラス活動を考えるとき、私は既存のゲームを参考にすることが多いのですが、これもそのまま応用しました。

 ルールは簡単で、「グループの中で、何人条件に当てはまる人がいるか、予想する」だけです。

 いろいろな文型に応用できることも、メリットの一つです。私は最初、「~たことがあります」で使いましたが、「~ができます」や、「~があります」など、いろいろ使えます。

 また、カードなどを準備する必要もありません。ただ、やり方は初級だとわかりにくいかもしれないので、まず教師がグループの一つに入ってやって見せるのがいいと思います。

 

続きを読む

GWに読みたい!日本語教師のための10冊(日本語教育関連)

 おはようございます。日本語教師ブロガーのNicky(@JPT407)です。もうゴールデンウィークも終わりかけているんですが、暇があるときに読んでください。

 

 今日は日本語教育関連の10冊です。便宜上「先生になりたい人向け」、「日本語学校の先生向け」などに分けましたが、あくまでも参考です。

  • 先生になりたい人向け
    •  『日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド』 
    • 『日本語教育のスタートライン 本気で日本語教師を目指す人のための入門書』
  • 日本語学校の先生向け
    •  『国際交流基金日本語教授法シリーズ』
    •  『日本語教師の7つ道具シリーズ』 
    •  『新人日本語教師のためのお助け便利帖』
    •  『日本語教師のための「授業力」を磨く30のテーマ。』
    • 「心ときめくオキテ破りの日本語教授法」 
    •  『日本語教師のためのCEFR』
  • 地域の日本語教室向け
    •  『もしも…あなたが外国人に「日本語を教える」としたら』
    •  『やさしい日本語――多文化共生社会へ』

 

先生になりたい人向け

 『日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド』 

日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド 第4版

日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド 第4版

 

  日本語教育能力検定試験、通称「検定試験」のスタンダードな参考書、通称「ヒューマンの赤本」です。検定試験の教科書は何種類かありますが、これがいちばん優れていると思います。

 「先生になりたい人向け」に分類しましたが、むしろなった後のほうが役に立つと思います。というのは、実践経験がなくて、知識だけ覚えても訳が分からなくても、実務に入ってからわかってくる、ということがあるからです。今でも時々読み返します。

 

『日本語教育のスタートライン 本気で日本語教師を目指す人のための入門書』

日本語教育のスタートライン 本気で日本語教師を目指す人のための入門書

日本語教育のスタートライン 本気で日本語教師を目指す人のための入門書

 

  上の本と似ていますが、試験対策というより日本語教育についてとりあえず知りたいという人向けです。

 

日本語学校の先生向け

 まず、新人の先生向けのマニュアル的な本から。

 『国際交流基金日本語教授法シリーズ』

初級を教える (国際交流基金日本語教授法シリーズ 9)

初級を教える (国際交流基金日本語教授法シリーズ 9)

 
文法を教える (国際交流基金日本語教授法シリーズ 第 4巻)

文法を教える (国際交流基金日本語教授法シリーズ 第 4巻)

  • 作者: 国際交流基金
  • 出版社/メーカー: ひつじ書房
  • 発売日: 2010/03/30
  • メディア: ペーパーバック
  • 購入: 1人 クリック: 9回
  • この商品を含むブログを見る
 

 これは文法、読解、聴解、語彙など細かく分かれていて、私も全部持っているわけではないのですが、この2冊はよかったです。

 国際交流基金の本のシリーズの長所はいろいろあるのですが、まず安いこと!本によって価格はいろいろですが、安いものは1000円を切っています。二つ目に、教え方が中立というか、日本語学校的な文法中心のアプローチから、行動中心アプローチまで、いろいろな教え方が紹介されていて、役に立ちます。

続きを読む

GWに読みたい!日本語教師のための10冊(その他教育関連)

 こんばんは。日本語教師ブロガーのNicky(@JPT407)です。もうゴールデンウィークも二日しかない上、昨日書いたこの記事もほとんど読まれていないんですが、書くと言ってしまったものは書きます(もうやけくそです)。

jpt407.hateblo.jp

 

 今日は、「日本語教育以外の教育関連のおすすめ10冊」です。主に一般の小中高の先生や教育専門家が書かれた本から、日本語教師に役立ちそうな本を選んでみました。

 

  • 一般
    • 『教師のための教える技術』
    • 『オトナ相手の教え方』
  • 一斉授業系
    • 『一斉授業10の原理・100の原則―授業力向上のための110のメソッド』
    • 『わかる「板書」 伝わる「話し方」』
    • 『追い込む指導』
    • 『つまらない普通の授業に子供を無理やり乗せてしまう方法』
  • 英語系
    • 『英語教師のための文法指導デザイン』
    • 『「自己表現活動」を取り入れた英語授業』 
    • 『生徒をテスト好きにする 6つのアイデア×8の原則で英語力がぐーんと伸びる! 英語テストづくり&指導アイデアBOOK 』
  • 国語系
    • 『高校受験[必携]ハンドブック 国語読解[完全攻略]22の鉄則』
  • 番外編
    • 『壁を超える技術』

一般

『教師のための教える技術』

 まず、この本は何の先生でも、「教える」という仕事の人ならぜひ読んでおいてほしい本です。私も読んで、目からウロコが落ちました!教育はこういうふうに法則化されているんですね!

教師のための「教える技術」

教師のための「教える技術」

 

 じつは、この本については、以前に記事を書いています。

jpt407.hateblo.jp

  

『オトナ相手の教え方』

 留学生って、若い人でも高卒、院志望なら大卒なので、おのずと小中高の先生とは教え方が変わってきます。そこで重要になるのが、「大人相手の教え方」です。

オトナ相手の教え方

オトナ相手の教え方

  • 作者: 関根雅泰
  • 出版社/メーカー: クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
  • 発売日: 2015/11/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

  これも以前にちょっと触れたことがあります。

jpt407.hateblo.jp

続きを読む