ブログは日本語教師の歩く鏡である

「授業の質は上げる」「仕事の量は減らす」「両方」やらなくっちゃあならないってのが「教師」のつらいところだな 覚悟はいいか?オレはできてる

Facebookのコメント欄をはてなブログに設置してみました

Facebookのコメント欄をブログに設置すると、「コメント欄が荒れない」、「宣伝」してくれるというメリットがあります。

私たちはなぜ「言葉の乱れ」の追及をやめられないのか

「言葉の乱れ」を追求する感情三つは、「恥をかきたくないという欲求」、「他人を笑いたいという欲求」、「新しいルールを強制される負担に対する不満」の三つです。

学習者に作文の「読み合い」をさせてみました

おはようございます。日本語教師ブロガーのNicky(@jpt407)です。 昨日、作文の授業で、学習者に自分の作文を読み合わせるという方法を初めて試したので、その報告です。 きっかけ 最近、アクティブラーニングの本をたくさん読んでいるので、それら全てがきっ…

推測の「ようです」の練習に使える「音当てクイズ」

絵カードを使わない「ようです」の練習を考えてみました。

知識は学習者が必要とした瞬間に与えなければいけないということ

一方的に教えるのではダメで、教えるタイミングというのが大事なのではないかと考え始めました。

コミュニケーション力を育てる活動型クラスを始めるにあたって、参考になる本

文型積み上げ式の教科書を使って、「学生のコミュニケーション力が育たない」と感じている先生は多いと思いますが、その解決策となるかもしれない本を見つけました。

読解教材作成、作文評価、語彙指導、文法指導などいろいろ役立つ無料のWebサービス

日本語教師の予習の手間を大幅に省けるサービスを発見しました。今まで手作業でやっていたことを、機械が自動的にやってくれます。

私は「教えない授業」を目指しています

「教師が教えなくても、学生が主体的に学ぶ」という理想自体はずっと昔からあったものですが、それを具体的に実行する方法についていろいろ考えています。

直接法でも、間接法でもない、「半間接法」という可能性

直接法と間接法のよいところを折衷して、「半間接法」というのを考えてみました。話題のアクティブラーニングともちょっと関係しています。

直接法の意義とは何なのか(問題提起篇)

最近、日本語教育における直接法(日本語で日本語を教えること)に疑問を呈する情報が短期間で一気に出てきて、自分でも頭が混乱しています。 たくさん情報を載せたので、ぜひ見てください。

「新人お断り」という日本語学校の採用方針が、日本語教師全体の待遇を悪化させている可能性について

最近また、「新人お断り」という採用条件が増えているそうです。「じゃあ新人はどこからキャリアを始めればいいんだ」と怒っていましたが、問題はそれだけではないかもしれないことに気がついてしまいました。

ブログ名を変更しました。

おはようございます。Nicky(@jpt407)です。 ブログ名を変更しました。 新しい名前は、「ブログは日本語教師の歩く鏡である」です。 由来については、以前の記事を見てください。 jpt407.hateblo.jp これからも、よろしくお願いします。

日本語教師ボランティアは、収入を得るべきか

ボランティアの日本語教室に通う学生から授業料は取れないですが、ボランティアに対しての報酬はあったほうがいいです。少なくとも、ボランティアの「持ち出し」になるようなことはあってはいけません。ではどうするかという問題に対する、私なりの回答です。

中国人の、中国人による、中国人のためのビジネス(ただし日本で)

すでに、「中国人の、中国人による、中国人のためのビジネス」というのは日本にたくさんあって、将来的には日本人向けのビジネスも中国人に取られるかもしれない、という話です。

ブログは日本語教師の歩く鏡である

ブログでも何でもいいですが、日本語教師は自分でも定期的に文章を書いて、文章力を磨くことが必要だと思い始めました。